常にプロ契約のチャンス。
ハイレベルなステージで
プロ契約選手を目指す!

「うまくなりたい」その気持ちがあればとことん
サッカーに打ち込める恵まれた環境が存在する。

SUMMARY 学科概要

サッカー専攻科は個々に合った選択が可能です。

alt

※マネージャーコース…トレーナー科の1・2年次に相当
※コーチ・審判コース…コーチ・審判専攻科の1・2年次に相当
※トレーナーコース…トレーナー専攻科の1・2年次に相当
※ビジネスコース…サッカー・スポーツビジネス科の1・2年次に相当

目指すフィールド

Jリーグ選手 ● JFL選手 ● 地域リーグ選手 ● 実業団クラブチーム選手
● Jリーグ・JFLコーチ ● 実業団クラブチームコーチ ● サッカースクールコーチ
● 地域スポーツ少年団サッカーコーチ

取得可能資格

● JFA公認C級コーチ ● JFA公認2級審判員 ● JFA公認3級審判員 ● JFA公認4級審判員
● Word、Excel、PowerPoint ● ビジネス能力

PICKUP ピックアップ

常にプロ契約のチャンスが存在

過去の実績やセレクションは不要。通常のトレーニングや試合をアルビレックス新潟強化部が常にチェック。目にとまれば、いつでもプロ契約に直結します。また、アルビレックス新潟シンガポールをはじめとした海外プロリーグへの道も用意されています。

アルビレックス新潟にとってJAPANサッカーカレッジは必要不可欠。
共に新潟から世界へ挑んでいきたい。

アルビレックス新潟にとって育成組織であるJAPANサッカーカレッジの存在は、年々とても重要な位置づけになっています。

高校を卒業した学生の中には、Jリーグや大学のスカウトからギリギリのところで外れてしまった選手や可能性のある選手がたくさんいます。その世代の伸びしろは計り知れない。その芽を18歳で摘んでしまうのではなく、サッカーを専門で学べるのはすばらしいこと。加えて、我々と同じグループとして練習に参加したり、交流戦ができる優れた環境が整っています。今ではトップチームの若手選手と遜色のないレベルの選手も多く、拮抗したゲーム展開になることも。 監督以下、関係者が常に目を光らせているので、そこで目に付けばいつでもトップチームに昇格できるのも魅力のひとつですね。

アルビレックス新潟 強化部長 神田 勝夫

学内選考をクリアすれば、2年次もしくは3年次の1年間、アルビレックス新潟シンガポールへのインターンシップが可能。「海外×プロ」という環境のもとで心身ともに鍛え上げます。

アジア・ヨーロッパプロリーグでの道が広がる!

5チーム体制による実践重視で実力を磨く!

JAPANサッカーカレッジは全5チーム体制で活動中。レベル別少人数チーム編成によりすべての選手に公式戦出場のチャンスがあります。また指導者ライセンス所有のコーチがそれぞれのチームに帯同し、きめ細かなコーチングを受けることができます。

第19回 新潟県サッカー選手権大会(天皇杯予選)優勝

第70回 国民体育大会(国体)

プロの環境が身近に存在しサッカーに集中できる!

アルビレックス新潟のアマチュア育成組織として、天皇杯や全国社会人サッカー選手権大会、北信越リーグや地域決勝リーグの参加など、より高いステージで自分をアピールできます。
また、2009年から国体の成人男子サッカー新潟県代表はJAPANサッカーカレッジを中心に構成され、活躍の舞台は整えられています。

Jリーグ・JFL・地域リーグへ多数のトレーニングマッチや練習参加のチャンスが存在!

● U-18日本代表 ● アルビレックス新潟 ● モンテディオ山形
● ブラウブリッツ秋田 ● ザスパ草津チャレンジャーズ
● VONDS市原 他多数
※トレーニングマッチ・練習参加実績一部掲載(2015年度実績)

7 POINT 圧倒的な練習環境で実現する7つの選手育成システム

1.プロ並みの恵まれた人工芝グラウンド

Jクラブなどでも使用されている人工芝「ハイブリットターフ」のグラウンドが2面と天然芝グラウンドで練習ができます。ナイター設備も完備。校舎からの移動時間なく練習を行うことが可能です。

アルビレッジ

JAPANサッカーカレッジから車で約5分の距離にアルビレックス新潟のホームグラウンドでもあるアルビレッジが存在。天然芝グラウンド4面、人工芝2面を誇る国内最大級の施設にてアルビレックス新潟トップチームと同じ時間帯、同じ環境下でトレーニングが可能です。

2.世界最先端の分析ソフトを駆使し、プレーの質を高める

オランダ代表やベルギー代表をはじめとする世界各国クラブが使用する分析ソフト「サッカーラボ」を日本のサッカークラブでは全国初めての導入。試合映像データをもとにゲーム分析や戦術の確認をコーチ・選手間で共有。タブレットやスマホからもアクセスできるため、選手一人ひとりがプレーの課題や対戦相手の情報をいつでもどこでも確認することができます。

日本のサッカークラブ全国初!
SOCCERLAB.

3.2部練習で実践重視のトレーニング

2部練習を行うことで効果的なトレーニングを実現。他にも自主練習やトレーニングルームを使用することで納得がいくまで練習をすることが可能です。

4.選手にはかかせないトレーナーの存在

各チームにトレーナー専攻科の学生が2〜3名帯同。フィジカルトレーナーとしてコンディショニングやけが予防、応急処置、リハビリなどのサポート体制も万全です。

5.競技に直結する授業カリキュラム

トレーニング理論、戦術理論やゲーム分析、スポーツ栄養学などサッカー選手に不可欠な自己管理能力を学び、理論と実践のサイクルで効率よくレベルアップを図ります。

6.セカンドキャリアを意識した、柔軟なコース変更が可能

指導者としても活躍できるよう日本サッカー協会公認C級コーチの取得が可能。また1年次の共通課程を経て、2年進級時の面談により、希望するコースを選択することで選手はもちろん、指導者、レフェリー、トレーナー、フロントを目指すことができます。

7.栄養管理された食事・学生寮

栄養管理された食事で強靭なカラダを手にいれる

サッカー選手として強くなるサイクルとしてトレーニング→栄養摂取→休養を毎日しっかりと行うことが大切。管理栄養士がアスリート用の栄養抜群な食事を3食提供します
※食事の3食提供は寮生のみです。アパート生は昼食のみの提供。

通学時間ほぼなし

学校敷地内に2人部屋の寮が1棟。徒歩10分圏内に1人部屋の寮が8棟存在。通学に便利なだけでなく、朝昼晩の3食の食事が提供されたり、気軽に学校グラウンドで自主練習ができるなど、メリットが盛りだくさん。寮がグラウンドの目の前だからこそ時間を有効活用できます。

CURRICULUM カリキュラム

カリキュラム

●トレーニング ●ストレングストレーニング ●コーチング論 ●戦術理論 ●指導実践 ●ゲーム分析 ●スポーツ心理 ●スポーツニュートリション ●フィジカル理論 ●プレゼンテーション
●メンタルトレーニング ●ビジネス能力 ●英会話 ●NIE教育 ●コミュニケーションスキル
●イベント企画 ●就職実務 ●パソコン実習 ほか

※上記は一例

タイムテーブル

各カテゴリー、各クラスによってカリキュラム•タイムテーブルは異なります。また、カリキュラム•タイムテーブルは一部変更になる可能性があります。

GOALKEEPER 学びのステージ ゴールキーパー

GKに特化したカリキュラムで、レベルアップを図る。

JFA公認ゴールキーパーコーチから学ぶ

日本サッカー協会公認ゴールキーパーライセンス保持者が3名常駐。トレーニング時は、毎回各ゴールキーパーコーチからゴールキーパーの戦術や理論などの最新テクニックを学ぶことができます。

ゴールキーパーコーチを養成

日本サッカー協会ゴールキーパー養成カリキュラムと連動しながらコーチング論などを学び、選手だけでなく、指導者となる人材を育成していきます。

ゴールキーパー育成プロジェクト

トレーニング以外の授業においてもゴールキーパーの戦術・理論に特化したカリキュラムで専門的な内容を学び、チームをコントロールできるリーダーとなる人材を育成します。

ゴールキーパーに特化した指導者ライセンス

JFA公認の指導者ライセンス保持者を対象に、ゴールキーパー向けのライセンス制度も存在します。ゴールキーパー専門のコーチとしての知識・技術を身につけることができます。

STUDENT VOICE 在校生の声

サッカーにとことん集中できる!

練習以外にもゲーム分析、フィジカル理論、栄養学と、選手としての生活基本から体のケアやトレーニング方法など、サッカーに対してとことん集中できるカリキュラムが一番の魅力! ケガの多かった私はトレーナー専攻科スタッフに特別メニューを考えてもらい強い体づくりができました。休みの日でもグラウンドやウエイトルームは自由に使えるので自主練習に励むこともできます。

林 一樹さん(山梨/帝京第三高校出身)

GKコーチとともにレベルアップが可能!

2部練習に加え、練習後でもJFA公認ライセンス所有のGKコーチが自分の癖や苦手な動きに対しマンツーマンで指導してくれるのでレベルアップが図れます。練習の成果はリーグ戦のほか、Jリーグクラブとのトレーニングマッチや天皇杯、国体など全国レベルの舞台でも発揮でき、さらに練習⇔実践を繰り返すことで、チームの中心となるGKを目指すことができます。

上村 勇太さん(兵庫/家島高校出身)