プロ並み恵まれた環境で、サッカー集中できる。

JAPANサッカーカレッジには、サッカーに集中するためのこの上ない環境が整えられています。プロの施設にも匹敵するグラウンドやトレーニング機材、管理栄養士による食事メニューなど、あらゆる面からレベルアップをサポートします。

FACILITIES 施設・設備

メインコート

Jクラブなどでも採用されている人工芝「ハイブリッドターフ」を使用。

Jクラブなどでも採用されている人工芝「ハイブリッドターフ」のグラウンドが2面。 季節や天候に左右されることなく、一年中最良のピッチコンディションでのプレイが可能となっています。 さらに天然芝グラウンドも半面あり、目的に合わせた様々なトレーニングが可能です。

クラブなどでも採用されている人工芝「ハイブリッドターフ」を使用。

ナイター設備も完備

国内最大級のサッカー環境アルビレッジ

籠町はアルビレックス新潟のホームタウンとして認定され、2003年にはアルビレックス新潟クラブハウスが、2004年には天然芝グラウンド4面、人工芝2面を誇る通称「アルビレッジ」が完成し、プロの環境を間近で体感することができる、まさに国内最大級のサッカー環境が整っています。

トレーニングルーム

ウェイト系の設備をそろえた部屋と有酸素系の設備をそろえた部屋の2ルームを用意。 サッカー選手用のトレーニングマシンにより、効率的にフィジカルを強化することができます。

トレーニングルームI(ウェイト系)

トレーニングルームII(有酸素系)

トレーナールーム

スポーツマッサージやストレッチ、テーピング実習などが行なわれているトレーナールーム。40㎡と広い室内にはプロ仕様のトレーナーベッドが14台完備されています。

Windows Lab

Eメールの使い方からExcel・Word・
PowerPointの学習まで幅広く対応。トレーニングデータや対戦チームデータの分析もできます。

ビデオルーム

試合に向けたミーティングや、公式戦・練習試合の映像編集、戦術分析の授業などに使用し、衛星放送により海外の試合も鑑賞・録画が可能です。

シャワールーム / ロッカールーム

男女シャワー施設を完備。トレーニング後の汗を洗い流します。また、学生一人にひとつ割り当てられるロッカーで着替えやテキストなどを自身で管理します。

カフェテリア

毎日仲間たちと昼食をとる場であり、それ以外の時間は休憩の場としても利用できます。また一部寮生には朝食と夕食もここで提供されます。

専用バス

スクールカラーのブルーで統一された42人乗りの専用バスが4台もあって便利。毎日の通学用のスクールバスとして、また遠征用の長距離バスとしても活躍します。

専用学生寮でサッカー・学業に集中できる!(男子寮・女子寮)

男子寮(2人・1人部屋)
/女子寮(2人・1人部屋)

学校に近いから自主練習など有意義な時間を過ごせます!栄養バランスの良い食事付きで初めての1人暮らしでも安心です!専用学生寮の他にもアパートも紹介しております。詳しくはお問い合わせください。

STUDENT VOICE 在校生の声

サッカー漬けの毎日を送れる環境!

ピッチの目の前が寮なので移動に無駄な時間が一切ないです。ナイターも完備しているので練習後でも好きな時にいつでもボールを蹴れる事が1番の魅力ですね。食事も朝昼晩と栄養が管理されているので安心して食べることができます。選手として知るべき、フィジカル、栄養学、戦術を学べて、毎日仲間とサッカー漬けの日々が送れる環境は最高です。

清水 雄登さん(香川/尽誠学園高校出身)