【コーチ・レフェリー】☆特別授業~其の弐~☆

みなさん!!こんにちは!!

 

JAPANサッカーカレッジコーチ・審判専攻科1年の酒井駿です!!

 

6月4日に元国際際審判員の小幡真一郎さんの特別授業と実技指導を行いました!

 

本日は特別授業の方をお伝えしたいと思います!!

 

まず小幡さんからいただいていた課題の発表を行いました!

その課題とは「2019シーズンに向けて自分の心境を赤、黒、青のペンを使って絵を描く」

というものでした!

1

描いてきた絵にいろいろとつっこまれました!!笑

 

2

次にこの画像を見て次に何が起きそうかをグループごとにファウルが起きた場合と起きなかった場合に分けてディスカッションを行いました!!その目的は「自由で、多角的な発想・視点を持つこと」です!

 

3

1グループで約4つほど意見を出すことができました!!

 

4

次も小幡さんにいただいていた課題をグループでディスカッションして発表しました!

「競技規則に記載されている競技者の行なっていいこと」

という課題でした!

 

5

最後に小幡さんの「レフェリーに求められていること」

というテーマでお話を聞きました!

 

小幡さんという偉大な方からいろいろなことを教わることができました!

ゴール前の判定がレフェリーには一番大切なことということを前提に選手が考えている選択肢をレフェリーも持つことによってうまく対応ができるなど・・・!!

僕たちは将来Jリーグで審判をすることを目標にこれからもこの特別授業で教わったことを1つも無駄にすることなく、日々のトレーニングや審判活動で活かしていきたいとおもいました!