【コーチ・レフェリー】総理大臣杯北信越大会に審判員として参加してきました!

 

みなさんこんにちは!

コーチ・審判専攻科/サッカーコーチ研究科(以下、CR)の上原です。

 

今回もアクティブレフェリーの活動についてご紹介します!

 

現在、CRでは15名のアクティブレフェリーがいます。

この15人で、

授業をしたり、試合をしたり、研修をしたりと、

日々、まとまって学んでいます!

 

そして、何よりも新潟県の派遣審判員として試合をさせていただいています。

なでしこチャレンジリーグや北信越フットボールリーグ、

プリンスリーグ、クラブユースU-15などなど、

様々な試合を経験させていただいています!

 

その中の1試合7月4日(土)総理大臣杯北信越大会準々決勝に、

副審1を務めた水野健斗君(岐阜県出身)

副審2を務めた中林幸亮君(岡山県出身)

第4の審判員を務めた鳩場翔太君(岡山県出身)

の3名で担当させていただきました!

KIMG0559

 

 

 

 

 

以下、2人の感想となります。

副審1 水野健斗君

「今回はオフサイドラインを意識すると決めて審判に挑みました。

試合を通してラインキープは出来たと思います。しかし、人を注視する余りボールの出所を見るのをおろそかにしてしまい、置いてかれたシーンが何本かあったので直して行きたいです。

ハーフタイムに主審とアイコンタクトを取ることやゴールキックの時、キーパーがボールを置いてからオフサイドラインに着くまでをフルダッシュするという事を自分はやっているつもりだったので、後半、意識する事でより早くラインキープ出来たし、主審とアイコンタクトをすることで自信を持って判定出来たので今後も続けて行きたいです。」

 

第4の審判員 鳩場翔太

「最終的に点差が開き、両ベンチとも大きな動きも無い中でしたが、交代の手続きがスムーズにできない場面がありました。

また、ケガ人が出た場面でも、対応が遅くなったことが反省点です。

なかなか4thを担当する機会が少ない中、新たな課題が見つかった試合でした。」

 

 

このように学校内だけでなく、

様々な場面、様々な方たちと関わりを持たせていただき、成長しています!

本当にすべての人に感謝です。

 

今後も様々な授業や実習を報告していきます!

ではまた。

 

YoutubeでJAPANサッカーカレッジを検索すると、この他の授業や実習、

学生の様子を見ることができます!

ぜひ、検索してみてください!

https://www.youtube.com/channel/UCg97NfnjR4f4Yii8jDZWSRQ

 

☆大学園祭「夏フェス」開催決定☆

スペシャルゲストや楽しいイベントが盛りだくさん♪

詳しくはコチラ↓

http://nsg-event.jp/