【レフェリー】☆★オランダ研修~最終章~★☆

みなさんこんにちは!

オランダ研修もいよいよ大詰め!!今回は最終章になります☆

 

フローニンゲンvsフェーレンフェンの試合観戦です。

マネージャー・トレーナー科の皆さんとフローニンゲンのホームスタジアム

ヒタチ・キャピタルモビリティ・スタジアムを見学しましたlaugh

1

2

きれいな芝生や観客席に圧倒されましたenlightenedsurpriseenlightened

そして、本日の主審は…

3

3日目にお世話になったJeroenManschotさんです!

いざkick off!!

試合はフローニンゲンが優位に進め幸先よく先制点を奪うと・・・

4

前半に堂安選手のゴールが決まる!!

歓喜の中、スタジアムのモニターに映ったのは…enlightenedenlightened

5

私たちでしたlaughlaughlaugh

試合はそのまま2vs0でフローニンゲンの勝利!!

勝利を見届け、無事日本に帰国しましたblush

今まで前例のないコーチと審判を完全に分けた研修で、多くのことを

感じ、考えさせられた5日間でした。

この研修を機に1日でも早くプロの1級審判員になれるよう努力していきます👍

 

オランダ研修を振り返って

戸田碩真

7日間を振り返ってまず感じたことは、移動による疲労感です。

日本からオランダへ行くだけでも約24時間かかるだけでなく、現地での時差にも慣れないといけません。今後国際審判員として最高のパフォーマンスをしていくためにも、そういった移動による負荷も考えなければいけないと思いました。

審判をする中、日本とオランダでは同じ世代でも接触の行き方や、スピード、ファールだと思っても選手が続けるといった「サッカーの違い」を試合中理解しコントロールしていく技術が必要だと思いました。

オランダでの経験を踏まえ精査し、審判活動に生かしていこうと思いました!!