内部実習報告第九弾【A2チーム】

みなさんこんにちは!

トレーナー科の田口です!

じめじめした蒸し暑さが続いていますが体調は大丈夫でしょうか?

暑さで汗をかく分、しっかり水分補給して熱中症に気を付けて下さいね!

 

今回は現在帯同させていただいているA2カテゴリーでの活動について紹介したいと思います!

 

①

 

A2カテゴリーは県1部リーグに所属しており、NIIGATA JSCとして活動しています。

リーグ戦でも勝ちを重ねており選手同士も仲が良く、学生スタッフとして活動している僕たちにとっても活動のしやすい雰囲気、チームとなっています。

 

そんなチームに学生トレーナーとしてトレーナー専攻科の中から3人で活動しています!

役割を分け、それぞれがチームに必要な仕事を与えてもらっている中で、僕はリハビリテーションを行っている選手を中心に見させてもらっています。

 

リハビリテーションとはケガをしてしまった選手、ケガのために手術を行った選手のケガを治しながら、競技復帰に向けパフォーマンスを上げるためのトレーニング、ケアを行うことです!

やはりスポーツにはケガはつきものですよね…

現在もケガに苦しんでいる選手はたくさんいます。

なるべく早く復帰したい選手の気持ちに応えるためにも僕たちも日々頭を悩まして活動しています。

そんな中でこういう形でチームに関わるからこその嬉しさ、喜びもあります。

それはリハビリを行っていた選手が復帰し、ピッチでサッカーをしている姿、活躍している姿を見ることです!

この時は選手と同じようにうれしい気持ちでいっぱいになります。

これを楽しみに活動しているといっても過言ではないと思います。

 

②

 

やはりチームスポーツの醍醐味は、一丸となって戦いに挑み、勝ちをつかみ取ることですよね!

現在は勝ちを重ねており僕たち学生スタッフも選手と一緒に喜んでいます。

そんなチームで活動できているこの環境に感謝しかないです。

まだまだシーズンは続きます。

勝ち続けられるチームを作るため、僕たちも精一杯選手たちをサポートしていきます!!

③