内部実習報告第六弾【A1チーム】

皆さんこんにちは!

トレーナー専攻科2年の薮健太朗です。

 

今回は現場実習のについて書きたいと思います。

現在私は北信越フットボールリーグ2部に所属するCUPS聖籠というチームで活動させていただいています。

今年の1月から帯同し、約6ヶ月が経過しましたが、まだまだ至らない所ばかりで毎日先輩の力を借りながら活動しています。

現在私が一番気にかけていることは、選手とのコミュニケーションの仕方です。チームには私より年下の選手もいれば、同年代や年上の選手もいます。また当たり前ですが選手の性格も全員違います。その為選手全員に理解してもらうには、言葉で詳しく説明した方がいいのか、それとも言葉よりも実際に選手と動きながら修正した方がいいのかなど選手の特徴を理解し選手に合わせた伝え方をしようと心掛けています。今はまだまだ改善することばかりなので、より選手に理解してもらえるよう日々頑張っていきたいと思います。

藪1

 

現場実習は毎日分からないことだらけですが、その分からないことを一つでも多く自分の力にできるよう先生や先輩などの力を借りながら現在の環境を無駄にしないように一日一日を大事にして少しでも選手を支えられるように努力していきたいと思います。

藪②