内部実習報告 第三弾【男子高等部】

みなさん、こんにちは!

トレーナー専攻科2年の小林です。

 

先日行われたインターハイ新潟県予選の長岡広陵戦で初めてベンチ入りをさせていただきました。

インターハイはリーグ戦とは違い負けたら終わりの一発勝負なので、独特の緊張感がありそこに自分が直接的に関われたことはとても貴重な機会だったと思います。

 

その日の僕の役割としては、アップや救急対応のところは山中さんで、マネージャーの人がベンチ入りしていなかったこともあり、マネージャー業務が多くいつもとは違う役割でしたが頭と手をフル稼働させて何とかやりきることができ、結果としてチームも勝つことができました!

 

小林

 

いつもとは違う視点から試合に関わることで、マネージャーの人の大変さやトレーナーとして帯同している時に自分がもっとできたことを見つめ直すきっかけになりました。

 

インターハイも終わりリーグ戦が再開します。

今回感じたこと、改めなければいけないことを整理してこれからも頑張っていきたいと思います!