【アメリカインターンシップ in SDSA 報告会】スポーツビジネスの最先端、アメリカで学ぶ!

みなさんこんにちは。
サッカービジネス科1年の小林です。
暑い日々が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか?
 
 
私たちサッカービジネス科と、マネージャー・トレーナー科の1年生は先日、先輩方のプレゼンを聴きました。
 
アメリカの、サンディエゴスポーツオーソリティー(SDSA)でのインターンシップについての内容です。
 
現地での仕事内容や、インターンシップについて、アメリカと日本のスポーツの異なる点等をお聴きしました。
 
2019SDSA報告会_1
 
そして、先輩方がこのインターンシップを通じて学んだことをいくつか教えて頂きました。

 
私はその中でも、
 
「素直に・謙虚に」
「人間力を磨く」
「周りの長所を自分のものに」
 
この三点が印象に残っています。
 
2019SDSA報告会_2
 
アメリカでのインターンシップ生活の中で、外国語や現地の文化に慣れるのは大変なことです。
 
そのような環境の中で、社会に出るうえで求められる、人の内面的なことを学び得るというのは容易なことではないと思います。
 
私自身も、行先や内容は異なっても先輩方のように海外で経験を積みたいと考えています。
 
先輩方の経験談や、やってよかったこと、アドバイス等を参考にして、来春は私も海外で多くを学びたいです。
 
2019SDSA報告会_3
 
そして一回り成長した人間になれるよう、今のうちから勉学に努めてまいります。
 
先輩方、貴重なお話をいただきありがとうございました!