【アルビレックス新潟レディース】なでしこリーグの運営で「即戦力」「実践力」を学ぶ!

これって残暑!?

9月に入ってもアツイアツイ毎日が続いていますが、

みなさんいかがお過ごしでしょうか~laugh

 

こんにちは!

今回は9月1日(日)に行われた、アルビレックス新潟レディースのホームゲーム

vs AC長野パルセイロ・レディースの試合運営の様子をお届けします♪

 

サッカービジネス科ではアルビレックス新潟のホームゲームだけではなく、

なでしこリーグに参戦するアルビレックス新潟レディースのホームゲーム運営行っているんです!

 

この時期は2年生から1年生への引き継ぎ期間ということもあり、

1年生の実習の様子はいつも以上に熱が入っていましたyes

 

IMG_0080

IMG_0096

 

2年生はこれまでのJAPANサッカーカレッジホームゲーム実習や

アルビレックス新潟・アルビレックス新潟レディースでの実習経験を活かして

「即戦力」を求めるJリーグクラブやサッカー業界へと就職していくのです!!

今後もJAPANサッカーカレッジのホームゲーム運営実習だけでなく、

アルビレックス新潟・アルビレックス新潟レディースのホームゲーム運営実習の様子も随時ブログなどにアップしていきます。

 

IMG_0117

IMG_0162

 

~番外編~

スポーツビジネスを学べる大学や専門学校と進路を迷い、JAPANサッカーカレッジに進学を決めた先輩はなぜJSCに進路を決めたのか聞きました!

【JAPANサッカーカレッジサッカービジネス科のココが決め手!】

愛知で生まれ育ち、「名古屋グランパス」というJクラブが近くにあったのでよく試合観戦などにも行っていました!サッカーを観戦している中で応援するだけではなく、この楽しさをもっと色んな人に共有したい、喜びを分かち合いたいという思いが芽生えるようになりました。
それと同時にぶつかったのが「進路選択」という壁です。「好きなサッカーを仕事にしたい」という思いがあった一方で「日本のスポーツ界の架け橋になりたい」というビジョンがあり、それを達成するためにスポーツビジネスが学べる大学に進学をするという選択肢もありました。そんな中、JAPANサッカーカレッジに進路を決めた理由は「Jクラブでの実習」です。なかでもアルビレックス新潟で実習経験が積めるという部分がかなり大きかったです。アルビレックス新潟というクラブは熱狂的なサポーターも多く、あのビッグスワンの雰囲気を作り上げているクラブスタッフの方と一緒に取り組めることは即戦力につながると感じ、入学を決意しました。今後も実習などを通して経験とスキルをさらに身に付けていきたいです!

サッカービジネス科1年 小林彩海さん(愛知県 豊明高等学校 出身)