【サッカー英語②】プレーに関する英語を学ぼう!

みなさん、こんにちは😃
 
 
本田圭佑選手がオーストラリアのメルボルン・ビクトリーへ加入することが決まりましたね❗
 
今シーズンは英語圏であるオーストラリアのサッカーにも注目です💡
 
 
というわけで今回はサッカー英語第2弾、試合のプレーを表現する英語をご紹介します!
 
 
第1弾はコチラ👇
【サッカー英語①】海外移籍情報をひと足早く手に入れるには?
 
 
サッカークラブの広報や通訳を目指す人には必須となる表現です✨
 
 
 
 
①ヘディング
2018FIFAワールドカップ ロシア大会、コロンビア戦では大迫選手が見事なヘディングを決めましたね😊
 
【英単語】header(ヘッダー)
 
【例文】Yuya Osako’s header gave Japan 2-1 victory over Colombia.
 
【日本語訳】大迫勇也選手のヘディングにより日本代表が2-1でコロンビア代表に勝利しました。
 
【ポイント】日本語ではheading言いますが、英語ではheaderという表現が一般的ですのでご注意ください!
 
 プレーに関する英語ヘディング
 
 
②逆転する
同じく2018FIFAワールドカップ ロシア大会、ベルギー戦は残念ながら逆転負け…。
2022年のカタール大会こそベスト8へ❗
 
【英単語】come from behind(カム フロム ビハインド)
 
【例文】Belgium came from behind to beat Japan 3-2.
 
【日本語訳】ベルギー代表が3-2で日本代表に逆転で勝利しました。
 
【ポイント】後ろから追い上げるという意味、come from behind victoryで逆転勝利という単語になります🌟
 
 
 
 
③無失点に抑える
相手に点を与えないことがサッカーでは重要ですね!
英語では何と言うのでしょうか❓
 
【英単語】keep a clean sheet(キープ ア クリーン シート)
 
【例文】Keeping a clean sheet is as important as scoring goals.
 
【日本語訳】無失点に抑えることは得点を挙げることと同様に重要です。
 
【ポイント】 『clean sheet』=『白紙の状態』を保つ、という意味から無失点に抑えるという表現になっています!
 
プレーに関する英語無失点 
 
 
サッカーのプレーに関する英語がわかるとより海外サッカーが面白くなりますよ👍