【冬期研修⑨】株式会社 電通 谷様

みなさん、こんにちは😊

サッカー・スポーツビジネス科の寺尾です!

私たちサッカー・スポーツビジネス科は4泊5日の関東研修へ行ってきました。

そこで今回は、3日目に行われた 株式会社 電通 スポーツ事務局アジア部長 谷 敏弘 様のご講義についてご紹介します。

DENTSU2018-1

まずは、株式会社 電通について簡単にご説明いたします。1901(昭和34)年に創業した株式会社 電通は、東京の汐留に本社を構える広告会社です。
米国、中国に次ぐ世界第3位の広告市場である日本で長年にわたりナンバーワンのシェアを持っているんです!!
みなさんも1度は目にしたことがある、あの渋谷の大型スクリーンの広告も電通が手がけているんですよ✨

 

そこで今回はフットサルが秘めた可能性ついてご講義いただきました。

現在、日本サッカー協会は2020年FIFAフットサルワールドカップの日本開催を目指し、招致活動を行なっています。
いつでも、どこでも、誰とでもできる、スポーツとして限りない可能性があるフットサルは近年、全世界から注目されるスポーツなんです⚽️🔥

DENTSU2018-2

現在フットサルは「AbemaTV」で完全無料放送しており注目度が高まってきています。
そこで電通は、試合中に流れるCMや選手が試合をするコートにある広告看板を視聴者の方への見せ方などを工夫されているそうです。
その他にも広告の方法、価値、広告の難しさを教えていただきました。
 

普段はなかなか聞けない大変貴重なお話を聞くことができました!ちょっとした裏話も聞くことができましたよ😆


谷様、お忙しい中講義ありがとうこざいました😄