サッカービジネスの仕事 【顧客エンゲージメントを育てる】

Jリーグ アルビレックス新潟アマチュア育成組織JAPANサッカーカレッジのサッカービジネス科では、アルビレックス新潟と同様に自分達のクラブチームに対するサポーターづくりも行っています。

皆さん、こんにちは!サッカービジネス科を担当しています小池です。

 

Jリーグが目指す総合型地域スポーツクラブの姿は「地域密着型」

地域の人達にどれだけ愛され、必要とされるクラブづくりをしていく事が大切です。

DSC_0838

今回は【顧客エンゲージメント】について少しお話します。

顧客エンゲージメントとは、「クラブやクラブのブランド」と「顧客」との間で築かれた深い関係の事を言います。

 

似た言葉で「ロイヤリティ」という言葉もありますが、サッカービジネスの場合は【顧客エンゲージメント】の方がしっくりとくるでしょう。

 

それは、地域の人達が「積極的にクラブを応援してくれる行動」を指すことができるからです。

DSC_0833

今回のホームゲーム、JAPANサッカーカレッジ vs アルティスタ東御の試合でも

多くのお客様が駆けつけてくれました。

 

大切な事は、こういったお客様がいかにサポーターとして今後も来場してくれるかがポイントになります。

DSC_0826

サッカービジネス科の学生達は、どのようにしたらサポーターになってもらえるのか。

授業で学習した事を参考に自分達の手でトライをしていきます。

 

こういった活動はオリンピックのようなイベントとは違う「クラブづくり」という視点でとても大切になります。この違いわかるかな~

 

サッカー業界で仕事をするために基本知識と実践力を身につけていきましょう。