【サッカー専攻科】Sリーグ第19節 田中のあげた1点を守りきりアウェーで勝点3をゲット!

Sリーグ第19節、アルビレックス新潟シンガポールはアウェーでブルネイDPMMと戦う。
前節のヤングライオンズとの一戦では、前半33分に稲葉のゴールで早々に先制し最下位相手に大勝が予想されたが、佐野翼の一発退場の影響もあり大苦戦。ボールを保持しながらも得点を奪えず1−0のまま終了。今季初先発GK山田修平のファインセーブもあり、 辛勝という形で終わった。

勝点3を積み上げ首位をキープするアルビSだが、消化試合の少ない2位タンピネス、3位ホーム・ユナイテッドとの差は小さく、まだまだ優勝が見えているわけではない。今日は出場停止の佐野を欠くものの、しっかりと攻守に集中しアルビSらしい試合展開で勝点3を持ち帰りたい。

今日の対戦相手ブルネイDPMMは、リーグ戦15試合を戦い勝点5、順位は下から2番目の7位。また、前節のホーム・ユナイテッド戦で退場した主力2選手を欠く苦しい台所事情と、現在のチーム状況やここまでの数字だけ見ると決して負ける相手ではない。しかし、ケガから復帰し前節もゴールをあげた長身FWラマゾッチが先発予定。過去には彼のポストプレーと高いヘディングから何度も痛い目を見ており、スピードあふれる両サイドからのクロスとあわせて一発には十分警戒が必要だ。

いずれにしても、楽に勝てる相手など存在しないのは当然のこと。最後まで戦う姿勢を貫き、ブルネイまで応援に来てくれているサポーターや自宅で応援してくれているファンの皆様に勝利を届けたい。

 

DPM5-2

Sリーグ第19節(アウェー)

【日時】
2017年9月16日(土)20時15分 キックオフ

【対戦相手】
ブルネイDPMM

【会場】
Hassanal Bolkiah National Stadium

【スコア】
アルビレックス新潟シンガポール 1
ブルネイDPMM 0

【アルビS得点者(アシスト)】
26′ 田中脩史

【選手交代】
76′ 熊田瑠偉 → 免田朋己
90’+2′ 中井涼太 → 近藤将誠
90’+4′ 阪本翔一朗 → 佐藤皓生

 

DPMMAN-24-2

DPMMAN-29-2