トレーナーには情報分析能力も必要!

こんにちは!

トレーナー専攻科2年の五十嵐優香です

 

今回は今週水曜日、トレーナー科の学生が主体となって行った、A.B1.B2の体力測定の様子をお届けします!!

 

行った種目は

 写真1

 

・立ち幅跳び

・立五段跳び

40m

YO-YO(間欠性回復力テスト)

 

の四種目です!

 

トレーナー科の学生がセッティングを行っています

  

写真2

 

カメラやコーン、マーカーの位置、どのスペースでW-upを行うかなど、

事前に学生同士で話し合い、計画的に実行しています!

 

三年の小菅先輩のW-upの様子です…↓

写真3  

 

1人で40人以上の選手達をアップさせています…!!めちゃくちゃかっこいい!!

さすが先輩私達後輩も頑張らねば!!

 

立幅跳びの計測の様子です…↓

 

写真4

 

皆真剣!!

選手とコミュニケーションを取りつつ、いい雰囲気で測定が進んでいきました!!

 

いろんな学科の学生にも支えられ、無事に計測終了!

 

結果をパソコンに打ち込みます

 

写真5

 

トレーナーには情報分析能力も必要なのですね!!!!!

 

PDCAサイクル(計画実行評価改善)

に則り、この結果を各チームにフィードバック!

今後の各チームの発展に貢献できれば嬉しいです!

 

 

p.s

私が内部実習として帯同している女子カテゴリーが、625()富山でのAWAY戦で北信越リーグ最終試合となります!!

 

それぞれの想いが詰まった最終戦、

応援よろしくお願いします!!

 

私もトレーナーとして全力でサポートします!!

 

以上、五十嵐でした