高校生を支える「サッカー現場でのトレーナー実習」

先日、アルビレックス新潟の本拠地「アルビレッジ」にて行われました高校生のサッカー大会、下越フェスティバル「トレーナーブース」の取材に行ってきました。

ほんと、JAPANサッカーカレッジ トレーナー科の活動は現場での実習が豊富。

今回取材させて頂きましたスタッフの小池です。

IMG_5097

トレーナーの仕事は、選手を直接支える仕事。

怪我の予防、強い体作りのサポート、パフォーマンスアップ、外傷の応急処置、選手復帰に向けてのリハビリなど守備範囲が広いですよね。

IMG_5110

今回もトレーナーの学生が現場で大活躍していました。

ゲーム前の可動域を広げるストレッチやケガ予防のテーピング

ゲーム後は負傷個所のアイシングや負傷個所の確認など

IMG_5107

 

トレーナーの1年生たちは先輩トレーナーにつきながら熱心に現場の状況を勉強していました。

IMG_5117

先輩トレーナーは、さすがに経験豊富。

高校生たちの話を熱心に聞きながら対応している姿はチームになくてはならない存在。

選手にとってはとても重要な仕事であると再確認しました。

IMG_5127

直接、サッカーの現場で選手を支えたい人。

チームのパフォーマンスの土台づくりに貢献したい人にはお勧めの仕事ですよね。

IMG_5101