2018年の現場活動振り返り① ~TOPチーム~

2017年に引き続き、2018年と2シーズンに渡りTOPチームのトレーナーとして帯同させていただきました。

今シーズンは、昨シーズンとは違いトレーナーが私一人でチームに帯同する形で活動がスタートしました。その中で、今年は特に現場でのファーストエイドが主な実習内容でした。公式戦では試合中のけが人の対応など、瞬時の判断が求められました。

  P

また、試合前のW-UPも任せていただき、試合に向けて必要な動作や動き、心拍数など意識して取り組みました。

O   

シーズンを通して、なかなか結果が出せない状況で自分自身の力不足や、知識不足といった自分の苦手な部分を発見させていただき、本当に貴重な体験をさせていただいたシーズンでした。

その中でも、特に現場レベルで求められていたファーストエイドや、試合中の対応に関しても多くの経験をさせていただく中で、自分でも自信をもって対応ができるようになりました。

また、TR終わりに選手個別でのウェイトトレーニングなどもでき、選手のパフォーマンスを向上させるためにいかに効率良く向上できるかといったことなど、メディカルだけでなくフィジカルでも選手に関わらせていただけたのは非常に良い経験になりました。

 

昨シーズン、今シーズンと2年に渡って経験させていただいたことは、今後私のトレーナーとして活動していくうえで本当に貴重なものになりました。また、ここで出会えたスタッフの皆さん、そして選手、本当に良いチームメイト・仲間に出会えました。

T