現場実習「内部チーム実習活動」

こんにちは!

今回は学生の実習「内部チーム実習活動」についてお伝えします。

 

コーチ・審判専攻科、サッカーコーチ研究科では学生が当校のチーム「JAPANサッカーカレッジ」「CUPS聖籠」「NIIGATA JSC」の3チームに学生コーチとして参加し、実習もかねて活動させてもらっています。

実習内容は、トレーニングの準備、片付け、トレーニング中のコーチング、トレーニングや試合の撮影など多岐にわたります。

この実習を通して、現場での経験を養ってもらうことが狙いです!!

 

4月になり1年生が入学してきました。

その1年生が紅白戦を実施するとのことで、この日は紅白戦前のウォーミングアップを学生たちに任せてもらいました。

1年生にとっては、入学してから初めての紅白戦。

運動量を確保すること、心拍数を上げることはもちろんのこと、緊張を解してあげることも大事になってきます。

 

選手より学生コーチの方が緊張してそうですが・・・

 

 

ウォーミングアップ前に入念に打ち合わせをします。IMG_1056IMG_1051

 

ウォーミングアップが始まると徐々に熱が入ってきます!IMG_1065 IMG_1055

最後は心拍数を上げるため、スプリント!IMG_1083

最後までしっかりと士気を高めるために声を張り上げていますね!

 

 

試合前のウォーミングアップはとても重要です。

キックオフの瞬間から全力で臨めるかどうかは、ウォーミングアップが鍵を握っているといっても過言ではありません。

 

もしスタートから全力でプレーできなかったら、それでチームが負けてしまったら…

 

そんな責任をこの日、学生は背負わせてもらいました。

責任感のある現場での実習を通して、経験を積むことはとても大切です。

サッカー専攻科のスタッフのみなさん、選手のみなさん、本当に感謝しかありません。

 

また任せもらえるように、その責任を負わせてもらえるように、

これからも現場で経験を積んで、勉強させてもらいましょう!

 

これからの学生の成長に期待してください!

 

 

それでは

このへんでwink