実習報告第12弾【国際メディカル専門学校付属治療院】

みなさんこんにちは!

 

トレーナー専攻科3年の竹原です!

 

新潟は朝夜と日中の気温差があり体調管理の難しい季節になってきましたが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

 

暑さ寒さに対応できる格好をするなど風邪をひかないように頑張っていきましょう!

 

 

さて、今回は僕の現在の実習についてお話していきます。

 

現在僕はWスクールで通っている国際メディカル専門学校の付属治療院で実習させていただいています。

 

主な活動内容としては治療担当の先生の補助や、可能な範囲内での治療、受付や問診、治療院内の管理などです。

治療担当の先生と一緒に治療ブースに入らせていただき、実際に患者様に可能な範囲内で施術させていただきます。問診も西洋医学的なことから東洋医学的なことまで聞くことで、より患者様の状態を把握していきます。また、その場で治療の仕方、考え方などを先生に教えていただけるのはとても強みです!

竹原1

内部実習と違うところはたくさんありますが、患者様からお金をいただくこと、様々なタイプの患者様が来院することの2点を感じました。

お金をいただく分それだけ自分のしてしまったことで患者様にはもちろん、先生、学校にも影響を与えてしまうので責任感や緊張感を感じながら治療ブースに入らせていただいています。

治療院にお越しになる患者様は老若男女スポーツをしている方からそうでない方、体調管理、美容など来院される理由は様々で、良い勉強をさせていただいています!

竹原②

先生方のようになれるよう、ここでの実習で学んだことを就職してから生かせるようにまずは国家試験に合格できるように頑張っていきます!!!