【北信越フットボールリーグ運営実習】2020シーズンは4月開幕!全員で創り上げるホームゲーム!

みなさん、こんにちは!
サッカービジネス科1年の水島です。
 
 
今回は北信越フットボールリーグの運営実習についてご紹介します💡

 

2019シーズン、サッカービジネス科では…
 
・北信越フットボールリーグ1部のJAPANサッカーカレッジ
 
・北信越フットボールリーグ2部のCUPS聖籠
 
・北信越女子サッカーリーグ1部のJAPANサッカーカレッジレディース
 
2020北信越2

以上の3つのチームの試合運営をしてきました。
 
 
2019シーズンは2年生が主体となり、1年生は2年生をサポートする形で運営をしていました。
 
ダブルヘッダーと呼ばれる午前と午後に1試合ずつある運営日もあり、午前中に試合をした後に、1時間ほど空いてすぐにもう一つの試合を運営することもありました!
 
しかし、多くの試合を運営をすることで自分の今後に生かすことができるので、全員が気持ちを高めて運営をすることができました👍
 

 
試合があった週には、授業の時間を使って試合運営の反省会と次の試合のミーティングを行っています!
 
この時間では、運営部、広報部、営業部、イベント部、統括の各部に分かれて試合当日に起きた良い点と問題点を事象・原因・解決策で話し合い、そこで出た課題を次の試合に生かしています。
 2020北信越1
 
シーズン終了後は2年生から1年生が各部のやっていたことを、引き継いで2020シーズンに向けて取り組んでいます。
 
 
現在の1年生が来年度から主体となっていくので今は各部が2020シーズンに向けて準備をしています❗
 
来シーズンもとても良い運営ができるように頑張っていこうと思います😊