アルビレックス新潟サッカースクール、コーチ体験!!

みなさん!こんにちは!はじめまして!

 

サッカービジネス科1年の紙屋です!

 

先日、6月18日にアルビレックス新潟の

 

サッカースクール体験に参加してきました。

 

今回はその模様についてご紹介したいと思います。

 

 

 

スクール生とのコミュニケーション!

 

時間ごとにスクール生のカテゴリーが分かれており、

 

主にボールフィーリング、ゲーム練習をしました。

 

積極的に自分から、「今日の授業何したの?」、

 

ゴールを決めたスクール生には「ナイスシュート!」などの

 

声がけをして少しでも距離が縮まるように心がけました。

 

次第にスクール生との距離が縮まり会話も増えていきました。

 

コミュニケーション以外にもカラーコーンの設置や

 

ボールの回収などの業務を行う際にも積極的に行動しました。

スクール01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

喜怒哀楽を心がける。

 

スクールコーチの指導を拝見して一緒にスクール生と

 

ゲーム練習するときは楽しみ、注意するときは会話をするなど

 

といったスクール生がサッカー選手として、1人の人間として

 

成長できるように一人一人と向き合い、

 

声がけをすることが大切なことだと思いました。

 

コミュニケーションを取ることによって信頼関係が生まれ、

 

コーチとスクール生の連携がとれるようになるのだと感じました。

スクール02

 

 

 

 

さいごに

 

「コーチになること、子供たちと関わること、教えるということ」は

 

コミュニケーションを取るということだと実習体験を通して気付きました。

 

様々なゲームを通してとにかく全力で楽しむことが

 

1番大切なことだと感じました。

 

 

アルビレックス新潟サッカースクールに

 

コーチ体験できて様々なことを学びました。

 

貴重な経験をさせていただきました!

 

スクールコーチの皆様ありがとうございました。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

スクール03