アルビレックス新潟 事業本部マーケティング部マネージャー桑野様によるクラブ経営実践論

 

みなさんこんにちは!

 

サッカービジネス科1年の鴇矢です!

 

 

先日JAPANサッカーカレッジの講義

 

【クラブ経営実践論】にて、

 

株式会社アルビレックス新潟

 

事業本部マーケティング部マネージャー桑野雄介様

 

登壇していただきました!

 

今回はその模様について書いていきたいと思います。

S__8331323

 

 

お客様について分析する

 

 

マーケティングとは一般的に、

 

『顧客の真に求める商品やサービスを作り、

 

その情報を届け、顧客がその価値を効果的に

 

得られるようにする』というのが概念にあります。

 

ですが、企業や組織によって考え方は異なり、

 

これがマーケティングの正解というものはないと思います。

 

アルビレックス新潟ではお客様のニーズに

 

合わせるために沢山の分析を行っているそうです。

 

それによりお客様がまた試合を見に行きたいと

 

思うのだと感じました。S__8331328

 

 

 

変貌し続けるマーケティング

 

 

より多くの方々にアルビレックス新潟を応援して

 

いただき、満員のホームスタジアムを実現させる

 

ために、まだスタジアムに足を運んだことがない

 

『新規顧客獲得にむけたマーケティング戦略』と

 

いったお話をいただきました。

 

常に変わり続け、より良くクラブやお客様のために

 

進化していくすべを考えているマーケティング部は

 

クラブにとってとても重要な役割を担っていること

 

改めて感じました。

S__8331329

 

 

さいごに

 

大変お忙しいなか、桑野様から貴重なお話を

 

沢山していただきました。

 

観客動員数の多いアルビレックス新潟の

 

マーケティングについて知ることが出来、

 

とても勉強になりました。

 

今回お聞きしたお話を北信越リーグの運営でも

 

活かせるように、来シーズンに向けてみんなで

 

試行錯誤して考えていきたいと思います。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

S__8331330