株式会社アルビレックス新潟 育成部 フィジオセラピスト 五十嵐 真也様によるクラブ経営実践論

みなさんこんにちは。 はじめまして。

 

サッカービジネス科1年の川崎です。

 

今回は7月1日木曜日にJAPANサッカーカレッジ

 

「クラブ経営実践論」の講義にて、

 

株式会社アルビレックス新潟の育成部(アカデミー)

 

コンディショニングコーチ 五十嵐真也様に登壇していただき、

 

アルビレックス新潟でのフィジオセラピストの

 

仕事内容のことから

 

スポーツ現場における緊急処置のことについてなど

 

たくさんのことについて話していただきました。

S__6840375

 

 

今回は五十嵐真也様に話していただいた話の内容について

 

大きく2つに分けて紹介させていただきます。

 

 

 

フィジオセラピストの仕事について。

 

最初にフィジオセラピストの

 

仕事について説明させていただきます。

 

フィジオセラピストとは

 

日本語で言う理学療法士のことです。

 

 

基本の仕事内容としては、ケガなど身体に障害の発生が

 

予測される患者に対し、運動機能の維持・改善を目的とした

 

運動による治療を行うようです。

 

ちなみに、アルビレックス新潟での

 

フィジオセラピストの仕事は主に5つだそうです。

 

 ①コンディショニング

 

 ②リハビリテーション(怪我からの復帰)

 

 ③情報の共有(各チーム・医療機関)ー>選手の怪我の状況など

 

 ④トレーナー(学生を含む)の育成

 

 ⑤身体づくり

 

主に選手が練習中に怪我したときの

 

リハビリテーションや未来のフィジオセラピストを

 

育てることが主だそうです。

 

 

ちなみに、スポーツ現場で選手に関わ

 

るトレーナーのことをフィジオと呼ぶそうです。

S__6840374

 

 

スポーツ現場での救急処置について。

 

次にスポーツ現場における救急処置について

 

説明させていただきます。

 

スポーツにおいて危険は常に隣り合わせで、

 

試合中で急に選手が倒れてしまう

 

状況だってあるかもしれません。

 

そんなときのために

 

Emergency actionplan(緊急対応計画)を使います。

 

Emergency actionplan(緊急対応計画)とは、

 

事故や外傷が発生する前にさまさまな状況を理解し、

 

それらに対応する具体的行動計画を明文化したものいいます。

 

主にこのEmergency actionplan(緊急対応計画)を

 

使い競技を続行させられる状況であるか否かを判断します。

 

また、このような状況になっても動揺しないように

 

救急処置のある程度の知識をつけておくこても

 

大事だということもおっしゃっていました。

 

自分も知識をつけておこうと思いました。

 

 

 

さいごに

 

今回は五十嵐様に貴重なお話をたくさんしていただきました。

 

本当にありがとうございました。

 

私自身知らなかったことばかりの話であり、

 

たくさんのことを知り勉強になりました。

 

今回学んだことをこれからの人生に

 

いかすことができるように頑張っていきたいと思います。

S__6840377

 

最後まで読んでいただき本当にありがとうございました。