アルビレックス新潟実習~序章~

皆さんこんにちは!

アルビレックス新潟実習にて

学生統括をしていました米倉です。

 

2020年10月14日のアビスパ福岡戦を最後に

私たち2年生の約1年半の実習が終了致しました。

 

 

新しい統括のブログは読んでもらえましたか?
新しい統括コンビのブログはこちら↓

新!運営統括!

 

 

北信越フットボールリーグの
統括の服部の思いの積もった総括ブログも
是非チェックしてみてください。
服部北信越統括のブログはこちら↓

北信越フットボールリーグ 2020シーズンを終えて

 

大変なシーズンを通して協力しながら運営を行ってきました。

 

今回はアルビレックス新潟実習について
書いていきたいと思います。
少し長くなると思いますがお付き合いください。

 

2019年4月13日に開催されたJ2リーグ
VSモンテディオ山形戦の試合で
初めてアルビレックス新潟の試合を現地で観戦しました。
ちなみにその時のブログは私が担当していました(笑)
改めてみるとみんなの顔がまだ幼いですね。

序章①その当時はどういう事をやっているのか
いまいちピンとは来てなくて、
当時の2年生がどこにいるのかを探していました。

 

たくさんのお客様が来ている中で、
対応している姿はとてもかっこよく
印象的で自分たちもこういう風になりたいと
強く思った記憶があります。

 

最初の実習体験はゴールデンウィークでした。
チケットセンターにてチケット販売を任され、
緊張をしていたのを今でも覚えています。
この日は、2万人超えのお客様が来場されて
チケット販売所は列が途切れる事対応に追われた一日でした。

 

アルビレックス新潟実習のデビュー戦で
E外エリアに入ったメンバーとは大変だったねと
今でも話しています。

 

今は中々厳しい状況ではありますが、
またあのころの活気が戻って欲しい所です。

 

DSC_5362

 

様々な部署を体験しそれぞれがそこで
感じ、学び、将来やりたい事に向けて
希望部署の提出をしました。

その部署が決定したのが7月です。

 

おっと、文字数の制限になってしまいました。
部署決定後のお話は次回のブログにて、
お話させてください。

 

~BFN~