〜就職内定情報⑭(サッカー専攻科)〜 ※+α(サッカー専攻科に興味のある学生の人へ)

みなさんこんにちは!

サッカー専攻科の中の人です!!

 

今回は長めでお送りしますがご容赦ください。。

 

今回ご紹介するのはサッカー専攻科の舟久保 竜馬くんです!!

 舟久保竜馬_

舟久保 竜馬くん

 

就職先:【ラランジャ京都(関西1部リーグ)】

 

 

【写真ギャラリー】2020_8.7.26vs糸魚川_2009182020_21.7.12 vs.FCクラニーモ_2009182020.10.24 vs.富山国際大_201125_9スポレク祭_191107_0063

竜馬くんもまた、在学時に上のカテゴリで活躍する選手ではありませんでした。

 

ただ、どんな時もサッカーに取り組む姿勢は変えずに持ち前の明るいキャラクターを武器にして、3年次はA2カテゴリでキャプテンマークを巻くまでに成長してくれました!!

そして、関西1部リーグ内定を勝ち取ったのです。本当に誇らしい限りです。

 

 

 

サッカーという競技である以上、必ず選手間に技術レベルに差は生じてしまいます。

 

ですが、我々アマチュア組織においてそこだけで優劣をつけてしまうのは「ナンセンス」であり、本質からかけ離れていると思うのです。

 

私達の学校で学べば今より確実にサッカーの技術の向上、あるいはサッカーの事をより深く学べることはお約束します。

それは、どのカテゴリであっても同じです。

 

ただ、それだけでは不十分なんです。学生にとっても、我々にとっても。

 

 

 

サッカー専攻科の就職内定情報ブログをいつもご覧になってくださっている方々にはきっともうおわかりでしょうが、、

 

 

 

ここからステップアップ出来ている学生たちは、皆「真面目」で「明るく」尚且つ「サッカーに対してひたむき」な学生なのです

 

 

 

彼らは皆、自分の所属しているチームを愛し、そして最善を尽くして、チームが勝つために自分に出来ることを自ら見つけ、実行し、チームに良い影響を与えることが出来ていました。

 

 

あれ、、、これってプロフェッショナルだとは思いませんか??

 

我々はそういった学生を一人でも多く、そして少しでも上のレベルに輩出したいのです

 

過去の栄光とか、Jの肩書とか、何かしらの資格だとか..

 

そういった副次的なものに振り回されず、『本質』を見極めていく必要がありますよね。

 

さっきから本質、本質と言っているが、じゃあ我々にとっての『本質』とは何なのか?

 

それこそが【サッカーを通じた人間力(プロフェッショナル)育成】です。

 

この辺に関して話せばさらに長くなってしまうので…別の機会にまたお話したいと思います。笑

 

 

 

PS.

竜馬っ!!今度からはお互いJFL昇格を目指すライバルだな!!

今後の活躍を期待してるぞっ!!

 

 

〜終わり〜