【マネージャー・トレーナー科】1年間を振り返って ~ その1 ~

みなさんこんにちは!

 

マネージャー・トレーナー科の志太です

 

先週までは2週に渡り、頑張っているマネージャー・トレーナー科の学生インタビューをお届けしました。

 

先週までのお話を忘れた方はこちらをチェック

【マネージャー・トレーナー科】学生インタビュー ~ 審判編② ~

 

 

他にも日々頑張っている学生たちがたくさんいるので、今週からは去年ブログを書いていなかったマネージャー・トレーナー科の新2年生に去年1年間の振り返りと今後の意気込みを書いてもらったので、どんどん紹介していきたいと思います

 

 

 

第1回目の今日は女性繋がりで行きたいと思います!

それではどうぞ

 

 

みなさん、こんにちは!マネージャー・トレーナー科2年の坂東です。

今回はJAPANサッカーカレッジに入学してからの1年間を少し振り返ってみたいと思います。

 

私たちはこの1年間でマネージャーとし必要な知識をたくさん先生方から教えていただきました。

週2回のアルビレッジでのチーム活動演習に加え夏には新潟県の十日町市というところで2泊3日の実習を行い、現場での動きを学びました。

十日町市での活動は通称クロアチアピッチと呼ばれているところで行いました。こちらのピッチは、2002年の日韓ワールドカップの時にクロアチア代表チームがキャンプを行った場所なんです!今でも、いろんなJクラブがキャンプなどに来ていたりする場所でもあるんですよ!!

 

       
  1

 

2

   
 



また、現場以外の動きはマネージャー概論という座学の授業で勉強をしました。

報告書や行程表の作成などのマネージャーの仕事についてだけではなく、試合運営についてやサッカー業界で働くために必要な知識に至るまで教えていただきました。

 

この1年間でマネージャーのことだけではなく、たくさんのことを学ばせてもらいましたが、もっといろいろな知識を身につけて無敵のマネージャーになりたいと思っています!そのために日々成長していきたいです!

 

3