【選択制の授業もあるんです!!⚽】

 

 

皆さん、こんにちは!

マネージャー・トレーナー科1年 中川(なかがわ)です。

 

 

今回は、授業の中で行っているジュニアコーチングについて紹介していきます!

 

前期までは、キッズリーダーという授業でU‐10を対象とした指導実践を授業で行っていましたが、

後期から選択制のジュニアコーチングという授業でU‐12を対象とした指導実践を行っています。

 

ジュニアコーチングとは、

ライセンスで例えるとキッズリーダーとC級ライセンスの間のD級ライセンスに値しますが資格ではありません。

 

 

画像1

 

 

ジュニアコーチングでは、自分たちでテーマに沿ったメニューで指導案を作成し、

実際にウォーミングアップから、ゲームまでの流れを実際にコーチとなり行います。

 

 

 

画像2

 

写真に写っているボール、どちらがジュニアコーチングで使用しているボールでしょう?

 

ちなみに大きさは同じです。

 

 

正解は左側の黄色のボールを使用しています!

社会人リーグなどでは右側の白色のボールを使用していますが、

ボールの色が変わることで普段とは違う見え方もでき、新しい発見にもつながりました。

 

 

 

 

 

先週で後期の授業が終わり、冬季休暇に入りました。

 

この8ヶ月、学校で学んだことを無駄にせず2022年も頑張ります!

 

 

 

 

今回はここまで。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

次回もお楽しみに。