マネージャー・トレーナー科1年生 十日町実習 ~下見編~

こんにちは!

マネージャー・トレーナー科1年の吉野です。

 

8月25日から3日間十日町市での実習合宿が行われました。それに先立ち、宿泊施設、使用するグラウンドの下見をしに、マネージャー・トレーナー科の中から選出された5人があてま高原ベルナティオ、当間多目的グラウンド(通称:クロアチアピッチ)に行かせていただきました。

下見をするにあたり、私たちは、事前に5人で話し合いを行い、確認する項目を作り、下見に臨みました。

 

1

初めにあてま高原ベルナティオでは、シニアマネージャーの蕪木様に案内をしていただき、事前に作成したチェック項目や、下見のメンバーがそれぞれ気になったことをたくさん質問させていただきました。

ホテルはとても綺麗で充実しており、下見に行ったメンバーはみんな興奮気味でした。私も素晴らしいホテルに宿泊できることが非常に楽しみになりました!

 

2

次にクロアチアピッチに訪れました。クロアチアピッチでは、新潟県サッカー協会理事である若山様に先程と同様にチェック項目や、気になったことなどを質問させていただき、また、クロアチアピッチに関することのお話を伺いました。

クロアチアピッチという名前の由来は2002年FIFAワールドカップ日韓大会時にサッカークロアチア代表を誘致したことからその名前がついたそうです。

今、レアルマドリードに所属していてクロアチア代表のモドリッチも少年時代に来ていたとか・・・

 

3

 

クロアチアピッチは天然芝のピッチがとても綺麗で、とても良い環境であり、Jクラブもキャンプをする様な場所で実習ができることはとても楽しみです。

 

今回の下見で宿泊地やグラウンドの下見の重要性を知りました。そして下見で得た情報を基に5人それぞれで下見報告書というものを作成しました。この報告書は下見に行っていない他のマネージャー・トレーナー科の1年生にどの様な場所で実習をするのかを伝えるために非常に重要です。

 

そして、今回のこの実習を充実させ有意義にするために先生と連携を取りながら準備していきたいと思います。

 

蕪木様、若山様ありがとうございました!

そして25日からよろしくお願いします!