新潟に来て1年が経ちました、、、

 

 

皆さん、こんにちは☀

マネージャー・トレーナー科2年の田中(タナカ)と中島(ナカシマ)です。

今回は、新潟に来て約1年の振り返りについて書きたいと思います。

 

 

 

 

まず初めに私(田中)の1年を振り返っていきます。

 

新潟での1年間を振り返ってみると、あっという間だったというのが私の正直な印象です。

新型コロナウイルスの影響もあり2020年度は6月からのスタートになってしまったということもありますが、アルビレックス新潟の試合観戦やボールパーソンを務めさせて頂いたり、スマイルカップなどの運営にも携わったりと学校外での実習も数多く経験することができ、充実した1年間を過ごすことができました。

 

今年度はいよいよ就職活動も始まるので今まで吸収してきたことを今後の活動で発揮していき、夢の実現に向けて日々精進していこうと思います。

 

 

①

 

 

 

 

 

 

次は私(中島)の1年を振り返っていきます。

 

私が地元(神奈川)を離れ新潟という地に来て約1年が経ちました。

この1年間で様々な実習でこの学校に入学しなければできなかったことを体験できました。

さらに、授業でマネージャーになる為の知識も学ぶことができたと思っています。

 

そして今は内部チームに帯同させていただいており、現場で学べることがたくさんあり、とても充実した日々を送っています。

 

②

 

③

 

また、初めて一人暮らしをする中で掃除、洗濯、料理などの大変さを感じました。部活が終わり家に帰ったらご飯があり、朝起きたら練習着が綺麗になっているのが当たり前ではなかったのだと感じ改めて感謝の気持ちを持つようになりました。

 

両親への感謝の気持ちを忘れずに「Jリーグクラブのマネージャーになる」という目標を叶えられるように1日1日成長できるように頑張ります!!!