TR科現場実習【アルビレックス新潟レディース】1年振り返り

皆さんこんにちは!トレーナー専攻科2年の小田川美咲です!

 

私にとって2019年は初めて現場実習に出させていただいた年でした。

 

私は今回アルビレックス新潟レディースで一年間実習させてもらい感じたことを書いていきたいと思います。

 

私は、実際にサッカーの世界で働いているトレーナーさんの元活動していました。

現場でのファーストエイドや水の管理ケアやテーピングは見学のみでしたが授業で習っていない巻き方などは見ているだけでもとても参考になりました。

美咲1

 

アルビレックス新潟レディースU-15、U-18カテゴリーではテーピングやケア、リハビリなど自分自身でやらせていただけることも多く実際に選手と関わり自習が出来とても充実をした日々を送っていました。ただ、アカデミー年代は選手の育成もしないといけない所がとても難しく思いました。ただ優しく接するだけでなく選手のために何が大切かを考え行動することが大切だと思いました。

 

私はアルビレックス新潟の様々なカテゴリーを見たり実際にトレーニングやリハビリを自分が主となってやらせてもらえたりと色々と任せていただけることが日々多くなり私はただの実習生なのにこんなにも任せてもらいさらには私にこういうトレーニングしたいんだけどいいメニューないかな?と私の意見を聞いて下さったりととても貴重な経験が出来ていたと思います。

 

私は4月から最終学年になります。悔いのないようにやりたいように思うままにやっていこうと思います。私は普段から弱音を吐いたり悲観的になりやすいのですが来年はポジティブに前向きに頑張りたいと思います!!

 

小田川 美咲