TR科現場実習【女子高等部】1年振り返り

皆さんこんにちは!

トレーナー専攻科 2年鎌田杏です!

 

さて、今回は私の一年間の実習の振り返りを書かせていただきます。

 

私はこの一年、開志学園女子高等部に帯同させて頂きました。


鎌田1

 

帯同し始めたのは今年の一月でした。

グラウンドには雪が積り使えないので、体育館でのトレーニング。

一人一人が声を出し合い、白熱した練習を間近で見て、このチームの一員になるという事を感じ、改めて気が引き締まりました。

 

この一年間の実習を通して感じたのは、選手の思いを感じ取ることの難しさです。

「大丈夫です!」

は、たまに大丈夫じゃなかったりします。

 

それはサッカーの面でもそうじゃない時もどちらでも言えます。

 

選手それぞれの性格を知り、表情をみて、判断をするよう努力していました。

それを正確に出来てたかわかりませんが、選手も学生トレーナーという立場を受け入れてくれて、怪我のことやたわいもない事など、沢山コミュニケーションが取れたと思います。

 

反省点は多くありますが、一年間で得たものも多かったです。

来シーズンは、この一年間の経験、反省点をいかし、もっと選手の為にチームの為になれるよう、レベルアップしていきたいと思います。

 

一年間、女子高等部での実習でたくさん学ぶことができ、本当によかったです。

そして、ありがとうございました!

鎌田2