株式会社アルビレックス新潟 スクール・普及部 スクールマスター 高橋 直樹様によるクラブ経営実践論!

 

みなさんこんにちは! はじめまして!

 

サッカービジネス科1年の窪田です。

 

先日JAPANサッカーカレッジの講義

 

【クラブ経営実践論】の授業にて、

 

株式会社アルビレックス新潟

 

スクール・普及部 スクールマスター

 

高橋 直樹様に登壇していただきました。

521AE796-6E06-425B-9E09-0865D5A6DB25

今回は「普及の目的。」「スクールの業務とは」

 

「育成型クラブについて。」という3つに分けて

 

紹介させていただきます。

 

 

アルビレックス新潟では、普及の目的として、

 

「サッカーを通して、スポーツや体を動かすこと」

 

目的として掲げています。

 

また、“サッカーの楽しさを味わってほしい”

 

“心身の健全な育成”と言った将来の日本サッカーを

 

支える選手の育成を行なっています。

1C3A933C-F538-4360-9822-15B8C98400BC

 

 

スクールの業務とは。

 

業務としてはカリキュラムの作成を行なっています。

 

年間36回で3つのテーマに分けてカリキュラムが

 

構成されているそうです。

 

カリキュラムを作成する上で大切になってくるのは、

 

コーチ通しの共通認識が大切になってきます。

 

アルビレックス新潟では、コーチ通しでの面談などを

 

行なっているため、共通認識をもって活動ができています。

7B09F764-A646-45B0-9403-17C31B3D5E50

 

 

育成型クラブについて。

アルビレックス新潟では、選手を「買う」のではなく、

 

自分達で「育てる」クラブを目指しています。

 

また、新潟出身の選手たちで構成するというところで、

 

第2・第3の「酒井高徳」を輩出できるように活動を行なっています。

 

 

さいごに。

 

今回は株式会社アルビレックス新潟

 

スクール・普及部スクールマスター

 

高橋直樹様にお話を沢山していただきました。

 

お忙しい中、本当にありがとうございました。

 

改めて選手育成の大変さに気づくことができ

 

貴重な時間になりました。

 

今回学んだことを今後のサッカー人生に

 

生かしていきたいと思いました。

86310A18-F887-4965-AF1E-E59127FE9032

 

最後まで読んでいただき

 

本当にありがとうございました。