【実は必要な知識なんです! ~栄養学~】

 

皆さんこんにちは

 

マネージャー・トレーナー科1年 竹内です。

 

今回は週に1時間行っている「栄養学」の授業について紹介していきます!

 

 

画像1

 

 

 

どうしてマネージャーが栄養学を?と思う方もいるかもしれませんが、実はとても重要なことなのです。

 

例えば、遠征時にホテルへ宿泊をするとき、ホテルがいつも提供している豪華で美味しい食事ではなく、

アスリートにあった高たんぱく低糖質な食事でなおかつ、消化に良いものなどを提供してもらえるようにホテルにお願いをしたり、

試合当日は逆にエネルギーになりやすい炭水化物(パスタ、おにぎり、うどんなど)を準備しておくなど、

アスリートに対する食事の知識を持っておくことがとても大切となります。

 

 

このようにマネージャーはピッチ内だけでなくピッチ外での管理も重要になってくるのだとも感じました。

 

ピッチレベルのことだけがマネージャーの仕事と思われがちですが、

チームをマネジメントする上ではピッチレベルではないところでのサポートも多くあります。

 

 

 

4月から始まった授業も終わりが近づいています。

この1年で学んだことを無駄にせず、来年も頑張っていきます!

 

 

今回はここまでです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

次回もお楽しみにしていてくださいsmiley