【サッカービジネス科】関東研修⑥ プロフットバックプレイヤー 石田様

みなさんこんにちは!

サッカービジネス科 渡辺です。

 

いきなりですが、みなさんフットバックというものをご存じですか?

お恥ずかしながら私は知りませんでした。

フットバックとは、お手玉のような球を音楽に合わせてリフティングして技や見栄えで得点を競い合うスポーツです。そんなスポーツで世界の頂点に立った日本で唯一のである石田太志様にフットバックを始めたキッカケとプロになるまでについてお話をしていただきました。

石田様がフットバックを始めたキッカケは、スポーツショップに行った際にそのスポーツショップのテレビでフットバックの特集が流れていてそのビデオにくぎ付けになったことだとおっしゃっていました。

01プロフットバックプレイヤーになるまでにはフットバックの世界大会に参加し、海外の方にフットバックのことを聞くことから始めたそうなのですが、最初は語学力がなかったため、何を言われているのかもわからなかったそうです。そこから語学力とフットバックの技術の向上のためにカナダに留学されて、そこでアルバイト等を通して語学力と技術の向上に力を注がれてついにアジア人で初の世界大会優勝をされました。

 

プロフットバックプレイヤーになられてからはスポンサー探しのために企画書と映像を入れて約300社に送ってスポンサーになってもらったり、パフォーマンスの場を提供してもらえたりしたそうです。

中々最初から石田さんのように積極的に行動できる人もいないかもしれませんが、私たちももっといろんなことに積極的にかかわっていきたいと思います。

 

そして、私も石田太志さんのようにいろんなことに挑戦していきたいと思いました。

02↑講義終了後にフットバックを体験させていただきました!

普段のボールと違って小さいので、慣れず大変でしたが、初めてでも楽しくできました!

様々なJリーグクラブともコラボしているので、皆さんもぜひチャレンジしてみてください