新潟県女子トレセン活動 ~ 振り返り① ~

こんにちは。 

コーチ・審判専攻科、サッカーコーチ研究科担当の板垣です。

 

今回のブログは、前回行われた新潟県女子トレセン活動について、参加した学生から振り返りを行ってもらいました。

『 女子トレセン活動を通して 』と題して振り返りをアップします。

 

それでは…どうぞ!!

 

 

□ ▼ □ ▼ □ ▼ □ ▼ □ ▼ □ ▼ □ ▼ □ ▼ □ ▼ □ ▼ □ ▼ □ ▼ □ ▼ □

学生① 『 女子トレセン活動を通して 』

 

まずは事前準備として、「新潟としてどのようなサッカーをしたいのか」を理解することが重要でした。

そのサッカーに必要なポイントを獲得するためのトレーニングを行うこと、各選手ごとに役割があり、様々な状況において理想とされるプレーを映像を通して確認をし、良い点、改善すべき点を何がどう良くて、何がどう改善すべきだったのかを考え、分析させて頂けたことで、自分自身まだまだな点は多くありますが、新潟のやりたいサッカーをより理解することができました。

 

先日行われたトレセンでもトレーニングへの理解があったからこそ、コーチングするにあたってもより考えて、より選手が理解できるように伝えることができました。

ただ、自分に何ができるか、どうチームの助けになれるかを考えた中でコーチとしてよりできることを探し、行動に移さなければいけないことを改めて実感しました。

 

トレセンのように1ヶ月に一回程度しか活動がないものに対して、その一回により熱量を込めて、選手の全力を上回るものを提供して、応えなければいけないと思いました。

 

改善点、不足している点の方が多くありますが、この1ヶ月間の活動を通して、他ではできない経験をさせていただけたことで、決して小さくない進歩と、チームを作るにあたってここまで細かく、時間をかけなければ、大きな目標は達成できないといったことを再確認することができました。

 

まだトレセン活動は続いていくので、参加する毎に力を発揮して、スタッフや選手からのより大きな信頼を得られるように日々精進していきたいと思います。

 

今回はこのような機会を与えてくださり、ありがとうございました。

 

次回のトレセンに向けてまた前進していこうと思います。

 

□ ▲ □ ▲ □ ▲ □ ▲ □ ▲ □ ▲ □ ▲ □ ▲ □ ▲ □ ▲ □ ▲ □ ▲ □ ▲ □

 

 

 

 

それでは次回のブログまで…

 

☆Chao☆Ciao☆ 

★Maharo★